2014/05/22

歯車

小さな歯車を加工したっす

6010.jpg

少し違う2種類の歯車を切り出し。大きさは4ミリくらい

6009.jpg

投影機で見ると、こんな感じ。50倍です
購入時についていたレンズは20倍のもの。
その後奇跡的に中古ネットショップでこの機種用の50倍レンズを見つけた。

ギアの形状はキレイに削れているのだが、それぞれの穴の大きさが設計より小さい。100分の2ミリくらい。
実は穴開けに使った1ミリのエンドミルはかなり安いノーブランドのモノを使っていて、それだけ設計通りにならん
軸があって穴に刺さる可動部のお互いの寸法はガタ無く、でも滑らかに動くようにしなくてはならん

6012.jpg

いろいろ削りだした。

きっついなこれとか
嫌なところにバリがでてるじゃんとか
要修正。

モロモロ修正しつつ、地味な作業が続きます
スポンサーサイト
2014/05/20

投影機

ミツトヨ投影機。

6014.jpg

対象物を正確に拡大し、寸法を測定する時などに使うもの。
小さな部品の穴とか、ネジのピッチとか。丸いところに映るのです。
その丸いところに図面を置いてチェックしたり。

ばったりとお手頃中古品に出くわして、群馬まで買いにいってきましたよ

仕事場の入り口にでんと置いてあるので、
「なんすかこれ」とよく聞かれます。
精密な部品製作には必需品。多分。
2014/05/11

リンクプレート

ナカニシスピンドル使ってます。

6006.jpg

リンクプレートの切り出し。一部ギア形状であります
仕上げ加工のところでスピンドルを交換。φ0.3エンドミル使用

6007.jpg

ギアのところ、φ0.3でギリギリ。

6008.jpg

アップ。
うまくいったよ
2014/05/01

ナカニシスピンドル

これを導入。

6005.jpg

ナカニシスピンドルです
新品大奮発。極細エンドミル用最高80000回転!ハチマンカイテンだ!

加工機の最高回転は9000。細いエンドミルは送りスーパースローでどうにかやってましたが、
0.5mm以下や、文字彫刻で1枚刃カッターを使う時はちとキビシかった。

コードの繋がっている部分から下がモーター部で、
加工機の主軸に付けられるようにアダプターを自作。
これで、ATCは使えないけど、NCプログラムそのままで使用可能

6013.jpg

電動(エアでまわすタイプもある)なので、他にコントローラー、冷却エアユニットとセットで使う。
これでφ0.2mmのエンドミルもへっちゃらっす

既に5号の文字彫刻で使い始めてます

良いです

高かったけど

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。