--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/12

コンプレッサー

加工機を動かす際にはエアが必要になります
ATC(オートツールチャンジャー)の動作やツールホルダのクランプ、などで
エアが必要なのです。

comp01.jpg

コンプレッサー、タンク、ドライヤーを仕事場入り口に置いた

コンプレッサーはスクリュータイプ。
レシプロのバコバコ音は住宅街にはキビシイ
これはウイーンと連続音なので、ウルセー感は少ない
でもスイッチを入れた瞬間、最高回転でドカンと回りだすのがかなり衝撃的。
たまたま手に入れたこれは5馬力もあるのです。

だからあっと言う間に圧力が上がって切れるからそのうち慣れるだろうと思っていたけど、
圧力が下がって再び起動する瞬間がいつ来るのかいつ来るのか、心の準備が整わないまま
また、「ドカン」と起動。

ドキドキしてきた。
こりゃ近所で世間話をしてるおばさま方もビックリするなと。

で、工夫しました。
インバーターでソフトスタートさせて、さらに周波数を落として運転する設定に。
パコンとスイッチが入ると「ヒュィーーーーン」と回転が上がるようになった
35Hz運転で騒音も3割減。

100リットルのエアタンクは、tool company STRAIGHT てとこの通販で入手。安い。
ドライヤーはエアーの水分が機械に悪さしないようにする為に必須のようで、
エアコンのドライ運転みたいなものでしょうか

airline01.jpg

同じネットショップにエア配管の部材があったので、使ってみる。
アルミの引き抜き材といろいろな部品を組み合わせる
チューブを引き込んで

airline02.jpg

曲がっている部材を使って方向転換

airline03.jpg

取り出しのソケット取り付け
かっこいい

mist.jpg

切削液をミストで噴射出来るようにした
ノガのクールミストを購入。
ペットボトルとたまたまあった金具で取り付け


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。