2012/06/02

8個

5個出来た。

5106.jpg

あと3個、合計8個は出来そう
10個分あるけど、1個は自分の、もう1個はスペアで取っておこう
2012/05/05

防水試験

水が浸入しないといいなあ、くらいの設計にしたのでどんなもんかと。
裏フタとリューズにはパッキン入れたからね

5101.jpg

ムーブは入れないでケースを組む。

5102.jpg

これ防水試験器。水槽に水入れて密閉してポンプで空気を入れる。
圧が上がるとレバーの手応えが重くなって、自転車の空気入れと似た感覚。
中古ゲット。バラしたらとても簡単な構造だった。
これ新品で買うと超たけえ。ベルジョン製はなんでもたけえよ

5103.jpg

チャポンと入れます。しっかりフタします。
そしてレバーをスコスコします

5104.jpg

気圧計が3.5気圧を指しています
レバーは結構な手応え。

3気圧に耐えれば日常生活防水とうたえるらしい。
3気圧→30メートル防水とはまったく違うそうで、
多少水がかかっても大丈夫なレベル。それをクリアするのが目標。

5105.jpg

防水効いてます。

よしよしと思っていたら、気圧がゆっくり低下。


水漏れてきた。水槽の下から。




防水試験機が防水出来なくてどうすんだよしっかりしろよ




2012/04/16

UV

5096.jpg

これはなんでしょう 黒いランプ
いわゆるブラックライトですね
カラオケボックスなんかでありました。
今は無いですかね 笑うと歯が光る部屋

5097.jpg

紫外線で固まるUV接着剤を使ったので、これを照射

5098.jpg

風防と裏蓋ガラス

接着しなくても取れはしないけど、
より密閉性を高めようかと。

5099.jpg

駆動部分組み立てにあたり、
歯車の着脱工具を作りました。下の箸のようなモノ。

左の2本のリーマで中央穴の大きさを調整。
小さめの下穴をクリクリ拡張して駆動軸に合わせます

5100.jpg

右のベルト付きの方はずっと使っている試作品。
パッと見は同じですが、細かい所での設計変更はあちこちいろいろ
おかげで組み立て調整が楽になった

2012/04/03

10個

ケースの加工も終わり、バリ取り。

5094.jpg

シコシコ磨く。
10個磨く。

10個は飽きるよ

5095.jpg

文字盤部品たちも組んでみた。10個並べて喜ぶ
軸部品の寸法間違えてたり、クリアランスの調整など、追加工も少々。

ムーブとの合体はこれからです。回転盤を駆動させる歯車まわり。

ここはじっくりやるべし
2012/03/19

一部組み立て

表示部分の部品が揃ってきました。
一部組み立てます

5091.jpg

ボールベアリングを圧入。垂直が大事なのだ

5092.jpg

文字彫刻に墨入れた円盤と歯車を合体したり指標をつけたりで各10個プラス予備少し

5093.jpg

あーやっとここまで来た

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。