2015/01/25

6号秒針

秒針を付けます というか秒盤?小さな円盤。

6050.jpg

洋白板に目盛りを入れて切り出し 10ミリに満たない小さな円盤。
正確な秒の表示が出来るものではないけど、じっと見てると「チッチッチ」と動いているモノを
付けておきたい。それだけなんですが、スペースが結構キビシイ

6051.jpg

この画像の中心、文字盤の下に取り付け、一部がチラリと見えるようにしようかと。

2015/01/16

6号バックル

今回はバックルも作るよ
今まではベルトに付いていた既製品を使っていたけど、オリジナルバックルに挑戦。

6044.jpg

ステンレス板から削り出し。これで2セット分

6045.jpg

接着を剥がします

6046.jpg

NC加工は片面のみ、裏面に追加工が必要なので固定ジグをつくった

6047.jpg

そして汎用フライスで座くりと穴あけ。
今穴をあけている所はバネ棒の穴

6048.jpg

正確な位置で加工する為にスコープを使います。
ニコンのセンターファインディングスコープ。もちろん中古。
ジグにあらかじめ基準穴をあけておき、スコープで覗いてフライス主軸センターを合わせる。
そこを原点に、座標値で加工する。
スコープ越しの視界を撮影したけど失敗してしまった

6049.jpg

丸棒部品も作って部品が揃った。一番上はバネ棒
バリが残っているのでさっと仕上げ、ネジで組み立てます。
2015/01/08

6号ガラス加工

あけよろ

6号のガラスは異型です。
丸いままでは雰囲気が出ないのだ、とこだわった。
初めてのガラス加工に挑戦

6036.jpg

ネットで探すとガラスを削るのは液体に浸した状態で行うようなので、こんな具合にセッティング。
キノコ状の円柱の根元にひっくり返したプラボトルをはめ、円柱の天面にガラス素材を固定。

6037.jpg

切削液で満たして超硬エンドミルで切り出してみる。
切り込みはちょっとづつ、ゆっくり。真っ白でなんも見えねえ

6038.jpg

Vカッターで面取り加工もして終了。さてどうでしょう、チューチュー液体を吸い出すと
お 切り抜かれているじゃないの

6039.jpg

ほー、ガタガタですね
さてどうしたもんかとネットで検索してみるも今ひとつわからず。
。。。。

年末の忙しい時にこの加工機のメーカーの社長にメールをしてしまいました。
速攻でアドバイスをして頂けました!
ほんとスミマセン有難うございます。

切り抜きの抜け際で欠けが出るとの事で、
それを回避する為にガラスを2重にする(捨て板を敷く)のが良いとの事。
また、面取りVカッターはダメな模様。

6040.jpg

再度挑戦。板ガラス2枚。超硬エンドミルはやめて(それでもいけるようだが)ダイヤモンドバーを使う事に。

6041.jpg

唯の水で満たしてスタート(それが良いかは不明だけど加工の様子を見たかった)。
モヤモヤと削れる様子が分かる

6042.jpg

終了。キレイ。面取りもキレイ。

6043.jpg

瞬間接着剤の固定をはがすのが難儀した。
でもいいねーいいかんじ
2014/12/22

6号ケース3

ケースウラ蓋の加工

6032.jpg

表面側のみNC加工。

6033.jpg

ケース本体に組み込み、ケース本体もろとも側面を旋盤加工。テーパーにするのだ
色々チャックされてて分かりづらいですが、先っちょの穴の開いた部品がケースですね
角度を付けた刃物台で削ります

6034.jpg

こんな感じ。カドを滑らかにして出来上がり

6035.jpg

ラグを取り付ける。
鍋みたいで良いと思いました
2014/12/14

6号ケース2

ケースの続き

6027.jpg

ラグになる部品を改めて削り出し

6028.jpg

ベルトのバネ棒をとめる為の穴あけます

6029.jpg

ケースのオモテに小さいネジ穴あけます。
ラグを固定する為でもあります

6030.jpg

ラグの穴あけます。設計通りの角度を間違えないように

6031.jpg

このようになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。